どこよりも、誰よりも、光よりも早く走り抜けていく。これが世界一のレベルさ。